[環境]大学生ほど環境を選びやすい身分はない

モチベ上げ

人は無意識に周囲からの影響を受けている

普段よく話すサークルの同期、一緒に授業を受けるクラスメイト、アルバイト先の先輩・後輩…。

日常生活において、こうした周囲の人々から受ける影響は少なくありません。

こうした影響のなかには、自分のプラスになるもの(あいつも頑張っているから自分も頑張ろう、あの人みたいに人に優しくできるようになりたいなど)がある一方で、自分の足を引っ張る、ネガティブな影響があるものが存在するのも事実です。

自分が留学したいのに意識高い系と揶揄される、起業したいのにどうせ無理だと諭される、行きたいところがあるのに根拠のない曖昧なイメージだけで危険だと決めつけられるなど…。「あなたのためを思って」という言葉の裏に、相手の思惑(成功してほしくない、自分よりいい思いをされたくないなど)が潜んでいないか、一度考えてみてもいいかもしれません。

周囲の人々を言い訳にしてはいないか?

恥ずかしい話なのですが、著者自身、周りがやっていないから、やらない方がいいから、と周囲に判断を委ねた状態に陥ってしまうことが多くありましたし、今でもあります。

ただ、そうして「周りの環境」を言い訳にして下した選択は、多くの場合悔いの残るものでした。

 

別に周りを気にしなくていいし、いやなら他のコミュニティーもあるよ

ここまでなんだか安い自己啓発のような内容になってしまい恐縮ですが、この記事で言いたかったことはこれだけ。

自分の人生の責任を負うのは自分なんだから、周囲を気にせずちゃんと自分で考えて選択しましょう。そして、周囲の人たちと自分の考えていることや熱量があまりにも違いすぎると感じたら、別のコミュニティー(サークルでもバイトでも会社でも学校でも)に参加してみましょう!より価値観の近い人と会うことがきっとできますよ!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました