[国内]出来るだけ安く旅をする方法<交通費ver.>

お金

金がない!だけど旅したい!

金がないけど時間があるのは学生、金があるけど時間がないのは社会人とはよく言われますが、お金が理由で旅行にいけないのはすごくもったいないですよね。

そこで今回は、出来るだけ交通費をかけずに旅行する方法を快適度別にまとめました!

 

JRの割引システムを使う(快適度:高)

JRの新幹線や特急には、様々な割引制度が設けられています。

地域を問わず利用できる学割から、東海道新幹線で利用できるEX予約、東日本と北海道で利用できるえきねっとなど、地域ごとに独自の割引制度が存在します。

 

JAL、ANAの当日割引を使う(快適度:高)

通常JALやANAなどのFSC(フルサービスキャリア)の料金は購入日が早いほどお得になりますが、JALのスカイメイトやANAのスマートU25などの当日割引を使えば通常の半額以下の料金で飛行機に乗ることができます。

 

LCCを使う(快適度:中)

上であげたJAL、ANAの当日割よりも安いのがLCCです。

LCCに関しては購入が早ければ早いほど運賃が下がるという法則が当てはまらず、空席数の多寡によって値段が変動します。

空席が多い便は一ヶ月くらい前から値下げをし、2週間前になると再び値上がりしていく傾向がありますので、それまでには購入しておいたほうがいいでしょう。

また、LCCは頻繁にセールを実施しているので、そちらの情報も合わせてチェックしてみてください。LCC.jp

鈍行を使う(快適度:中)

青春18きっぷや北海道東日本パスが発売されている時期には、各駅停車を乗り継ぐことで一日2000円前後で移動ができます。

時間はかかってもいいから途中経過も楽しみたい!という方にはおすすめ。

 

 

高速バスを使う(快適度:中〜低)

飛行機や新幹線などに比べると快適さと時間効率性は落ちますが、高速バスを使えば格安で移動することができ、直前まで席が空いていることも多いです。

費用は抑えたいけど、ある程度の快適さは欲しい!という方は、4列シートではなく席間に余裕のある3列シートのバスを選ぶと快適さが増します。

 

ヒッチハイクをする(快適度:???)

ヒッチハイクをすると、最安0円で旅行ができます。

確実性はありませんが、冒険してみたい方はトライしてみてはいかがでしょうか?

[パターン別]ヒッチハイク初心者のためのコツまとめ
ヒッチハイクやってみたいけど、どうやったらいいかわからない!という方のために、初心者が最低限揃えておきたいものやコツについてまとめていきます。 ヒッチハイク初心者へ:2つの方法があります ヒッチハイクをやるにあたって、大きく分け...

 

思い立ったが吉日

旅行をしたくなったら、できない言い訳を考える前にまずは行ってしまいましょう。

今は様々な交通手段が用意されていますので、数十年前に比べたら格段に旅行がしやすくなっています。

ぜひ旅先で一度きりの出会いを楽しんでください!

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました