ナンパと営業とヒッチハイクは似ている。その中でも一番楽なのは〇〇。

バイト・仕事

どこが似ているのか?

こんにちはユージです。

タイトルにあるナンパと営業とヒッチハイク、実際に経験したことがある人はかなり少ないんじゃないかと思います。

ですが、この3者はある共通項を持っていて、それは

もともと興味のない人にアピールして振り向いてもらい、自分の要求を通す

ということ。

ナンパであれば異性の連絡先、営業なら契約、ヒッチハイクなら車に乗せてもらう承諾を獲得するために相手を説得する。

そこに至るまでの細かいステップや求められる要素は多少異なるとはいえ、基本的な部分ではかなり通じていると思います。

1億円稼ぐ最強の話し方の著者である高浜真也さんは、自身の営業スキルを高めようと思った際

 
「ナンパと営業は似ているから」
 

 

1億円稼ぐ最強の話し方

1億円稼ぐ最強の話し方

  • 作者:高浜真也
  • 出版社:秀和システム
  • 発売日: 2019年02月01日
 

みんなできればやりたくない(心理的ハードルが高い)

この3つについて、できればやりたくない、あるいはやってみたいけど勇気が出ないという人はかなり多いんじゃないでしょうか。

特に日本人はシャイな国民気質なので、

「知らない人と話すだけでも大変なのにとてもナンパ/営業/ヒッチハイクなんてできない」

というのも無理はないことだと思います。

ですがこれってすごいチャンスだと思いませんか?

みんながフレンドリーな国や地域では

「知らない人に臆せず話しかけられる」

ことは全く価値になりませんが、人見知りだらけの日本においてはそれだけですごい価値になるんです。

日本人のシャイなところや他人に対するよそよそしさ

を嘆く人も多いですが、僕はむしろ嬉しいです。

自分から話しかけられるだけで様々なチャンスが舞い込むし、場合によっては(相手が緊張して話しかけたいけどできない場合などは)感謝されることすらあるんです。

ここら辺のアグレッシブさを持ち合わせている人が多いので、留学組はコミュ力が高いと感じることが多々あります(もちろんそれ以外にも様々な要素はあるでしょうが)。

 

[交換留学体験談]現在進行形で留学中の友達に本音で聞いてみた。。。〜フロリダ大学〜
こんにちはユージです。 「留学」って、漠然と憧れを抱いている人が多いし、大学生活でやっておきたいことの上位にも入ってくることだと思います。 ただ、費用、期間、成績…など、様々なハードルがあり実際に行っている人は少ない印象です。 そこで...

もちろん本人のルックスやトーク力によっても左右されますが、

ナンパ、営業、ヒッチハイク

の3つの中で一番楽なのは間違いなくヒッチハイクです。

主な理由は3つ。

・SAやPAなら1時間も待たずに乗せてもらえる

・自分から声かけせずともスケッチブック掲げてるだけでいい

・乗せてくれる人はこちらに興味があるので話が弾みやすい

 

ここまで書いてきて比較するのが申し訳なくなってしまいましたが、それぐらいヒッチハイクは楽なんです。

成功体験を積むのにこれほど有用なきっかけはなかなかないんじゃないかと思えるほど。

これからナンパしたいけど勇気が出ないとか、これから/今営業するのに自信がない、という方にはSAでのヒッチハイクを強くおすすめします、という話でした。

[パターン別]ヒッチハイク初心者のためのコツまとめ
ヒッチハイクやってみたいけど、どうやったらいいかわからない!という方のために、初心者が最低限揃えておきたいものやコツについてまとめていきます。 ヒッチハイク初心者へ:2つの方法があります ヒッチハイクをやるにあたって、大きく分け...

各ジャンルにおいてもっともおすすめできる書籍

ナンパ

「ナンパっていうゲームがどういうものかわかってきたか?」

「女の子に勇気を出して声をかけて、怪しいやつじゃないって安心してもらって、連絡先をうまく聴きだすんですよね」

「それから?」

「次になんとかデートに誘い出して、うまく口説けばいいんですよね」

「そうだ。それがナンパというゲームの基本的な流れだ。まずは…」

               『僕は愛を証明しようと思う。』P.122より

営業

営業マンとは、「自分が信じていないものを、会社や自らの成績の都合だけで、恐る恐る低姿勢で買ってもらう、泥臭い御用聞き」などでは決してない。

営業とは、人生の縮図である、というのが私の持論だ。

人生の苦境を乗り越えるためには、ある種の「強さ」が必要不可欠である。

                   『営業の鬼100則』まえがきより

 
ヒッチハイク

堀江貴文さんの自伝的な本。

作中で、大学時代にヒッチハイクで自分の殻を破ったエピソードが掲載されています。

殻を破りたい大学生はヒッチハイクをしたほうがいい
ヒッチハイクと聞いて、皆さんは何を思い浮かべるでしょうか。外国のバックパッカーがやっている、というイメージをお持ちの方が多いかもしれません。 著者自身も、本やブログでその存在を知るまではヒッチハイクをする、という発想自体をもったことが...

コメント

タイトルとURLをコピーしました