大学生が6ヶ月間MacBook Pro を使ってみて感じたこと。

お金

大学生がMacBookを使い始めて6ヶ月

 

もともとWindowsユーザーだったのですが、Macを使い始めて半年ほど経過しました。

 

そこで、実際に使ってみて感じたことや良かったこと・悪かったことについてまとめておきます。

 

使ってみて感じたこと

ストレージは意外と使わない

 

 

ストレージは256GBを選んだのですが、今のところ50GBほどしか使っていません。

 

最近はクラウドサービスを使う機会も増えてきているので、動画を保存する人やデータを全てMacに直接保存したい人以外は128GBでも十分でしょう。

特に学生なら節約のためにもストレージは削れるポイントかもしれません。

ただ、途中で追加することは難しいので足りなくなった場合は外付けHDDなどを使う必要がありますが。

 

メモリは16GB必要だった

 

メモリは標準の8GBから16GBに増やしておいたのですが、増やして正解でした。

 

僕はまた見たいブラウザを開きっぱなしにしておくので、そこでかなりメモリを使います。

だいたい10〜12GBほど使っています。

 

8GBではとても足りなかったです(笑)。

 

複数のアプリを同時に立ち上げたい人、動画編集などをする人はメモリを増やした方が良いでしょう。

 

MacBook Proのここが良かった!というところ

 

キーボードが使いやすい

 

初めて友人のMacBookを触ったとき、キーボードが薄すぎて「これ絶対使いにくいだろ」と思ったのですが。

その友人の「慣れたらこっちのが使いやすいよ」の言葉通り、慣れたら元のパソコンのキーボードよりバタフライキーボードの方がはるかに使いやすいです。

 

むしろ今では他のパソコンのキーボードが叩きにくいと感じてしまいます(笑)。

薄いキーボードの方が単純にタイピングは早いですね。

 

トラックパッドの利便性

 

MacBookはトラックパッドの利便性が非常に高いです。

 

マウスを使わずとも、トラックパッドだけで快適に操作ができます。

なんなら場所を取らない分マウスより快適かも。

 

便利な理由1:広い

 

MacBookのトラックパッドは非常に広いです。

 

手が大きい人でも、3本指・4本指での操作が快適にできると思います。

 

便利な理由2:カーソルを動かし、そのままクリックできる

 

トラックパッドそのものがクリックできる仕様になっているので、カーソルを動かした後手を動かさずにそのままクリックできます。

 

Windowsのパソコンを久しぶりに使ってその利便性を思い知らされました。

 

MacBook Proのここはちょっとな…と思うところ

高い

 

まず何よりもこれですね。

 

標準価格でも14万円台、僕はメモリを増量したので18万円ほどしました。

 

気軽に手を出せる価格ではないと思います。

 

USBがtype-cしか使えない

これもなかなか大きいネック。

 

USBメモリやスマホとの接続など、USBを使う機会は意外と多いので別売りのコネクターを買わなければなりません。

 

確かに薄くするためにはUSB挿入口を小さくする必要がありますが、別でコネクターが必要なのは面倒ですよね。

 

結論:買って良かった

 

ここまで色々と書き連ねてきましたが、結論としては買って良かったと思います。

 

本格的にパソコンを使う人、具体的には

 

プログラミングをする

ブログを書く

プレゼンやレポート作成の機会が多い

web系の企業でインターンをしている

 

などの人は、少々値は張りますが買って損はないでしょう。

 

[パソコン]僕がMacBook pro 13インチを256GBメモリ16GBで買った理由。
こんにちはユージです。 表題にもある通り、僕は大学生活2台目(人生通しても2台目)のパソコンに、Apple MacBook Pro (13インチ, 2.3GHzデュアルコアi5プロセッサ, 256GB) - スペースグレイを選びました(正...

コメント

タイトルとURLをコピーしました