[レベル別]数学が苦手でも単位がとれる、経済学のおすすめ本まとめ

大学生活

経済学しんどい…

 

ド文系で数学が苦手な人は経済学が苦手な傾向があります。

 

それもそのはず、割と最初の方から数式やらグラフやらがバンバン出てきて、果たしてこれは文系なのか?と自分の選択を疑ってしまうような科目が経済学だからです。

 

「なんとなく」経済系の学部を選んでしまった人のなかには自分の選択を後悔している人もいるかもしれませんが、実はそれほど恐れることもありません。

文系の学部レベルの内容であれば数学が苦手でも覚えこむだけで確実に単位が取れるからです。

 

そこで今回は、必修や選択科目の経済学で数学が苦手でも単位が取れるようになる参考書をまとめました!

 

数学が苦手でも単位がとれる、経済学のおすすめ本

落ちこぼれでもわかる経済学

 

大学の書店に行ったら高確率で平積みされているような書籍です。

実際に見かけたことのある人も多いかと思います。

数式や専門用語はほとんど出てこず、全くの初心者でもスラスラ読めるようになっています。

文字中心のテキストの中ではもっとも読みやすい経済学本と言えるでしょう。

 

単位が取れる経済学ノート

 

落ちこぼれでもわかる経済学よりも単位を取ることにフォーカスされている本です。

単元ごとに簡単な穴埋めなどの問題がついているため知識の定着も◎。

手に取るとわかりますが、他の本と比べても少し薄くなっており、必要な情報がコンパクトにまとまっています。

テスト勉強に多く時間は割きたくない人・分厚い本だと集中力が続かない人にもおすすめです。

 

らくらくミクロ/マクロ経済学

公務員試験用のテキストで、大学生にも人気のある本です。

 

必要な情報が網羅的かつ簡潔にまとまっており、初学者にも取り組みやすいといえます。

 

特に計算問題編では文字通り計算問題の演習が徹底的にできるためおすすめ。

教科書のような演習本でも良いのですが、分厚いテキストは多くが大学院入試などにも対応できるレベルだったりするので学部の教養課程では不要です。

 

経済学は結構面白い

 

大学のカリキュラムの関係でいやいや経済学をやっている人もいるかもしれませんが、やってみると意外と面白いのが経済学です。

 

基礎的な知識があるだけでも、日常のニュースで耳にするような内容への理解度が全く変わってきます。

 

他の学問にもいえることかもしれませんが、教養として知識を持っておくことは人生において間違いなく役立ちますので楽しく学んでみてください。

 

[就活]現役学部生が語る!経済・経営系は就職に有利なのか?
行きたい学部とか特にないし、とりあえず就職に有利らしい経済系に入ろうかな… ぶっちゃけ経済系の学部って就職有利なの? こういった疑問に答えます。 経済・経営・商学部は就職に有利? 文系学生の間でよ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました